医薬品はネット販売で!

医薬品はネット販売

海外から買える

医薬品には、薬局などで購入できる一般医薬品と、医師などの処方箋が必要な処方薬といった種類があります。一般薬には、第1類から第3類まで、さらに細かく区分けがされています。この中の第1類から第2類までの薬に関しては、インターネットを利用したネット販売が原則禁止とされてきましたが、2013年から、この法令が見直され、ネット販売の解禁が現実的なものとなっています。しかし、処方薬に関しては、国内ではネット販売は認められておらず、処方箋を用いた対面販売でしか入手はできません。この制度は、安全面を問題とした根拠のもと、定められていますが、費用が高くなるのと、販売している薬局まで行くことが困難な高齢者や、過疎地の住民にとっては負担となっています。

これらの医薬品は、海外からのネット販売で購入が可能なケースもあります。海外では、医薬品の販売に対し、日本とは規制の方法が異なるため、個人輸入といった形での購入方法となります。しかし、個人輸入は、言語の問題や、また、安心して取引できる業者の見極めなど、一般の人にとって敷居の高いものとなっています。しかし、こうした個人輸入を代行して行う業者を利用することで、こうした不安を解消することができます。インターネットで検索できるサービスなので、日本語での取引となりますし、決済に関しても、カードなどでの支払いに対応しています。また、こういった業者では、中身が分からないように梱包に配慮してくれたり、品質も独自の管理システムでチェックしていますので、消費者に利用しやすいものとなっています。